手でハートマークを作る女の子

空撮の技術

以前では出来なかった空撮技術

上を向きながら笑顔の男の子

一昔前だと出来なかったことが、現代では簡単にできような時代になった。例えば、昔はファックスしかなかったので、書類のやり取りなどはファックスで行う事が当たり前だった。そのためカラー用紙でのやり取りが出来ず、多様するビジネスに妨げとなっていたが、今は電子メールという形で受け取れるため、ビジネスチャンスを逃すことは無くなった。また、以前では航空写真もヘリコブターや飛行機を依頼して行うためにコストがかかり、会社のパンフレット作成などを行うにも、そのショットを撮るだけで多額の費用がかかり、効率が非常に悪かった。しかし、近年は違う試みでこの航空写真を撮っている。それは、ラジコンヘリコプターという道具を使い空撮を行うのだ。

費用が安く手軽で経済的な方法は

上記のなかでも取り上げたが、現代の空撮にはラジコンヘリコプターを使って空撮を行っているケースが増えてきている。まず、このラジコンヘリコプターを使い空撮するメリットを伝える事にしよう。最初に費用という点だが、単純に言って実際の飛行機と比べれば、50分の1から10分の1くらい費用に差がでてくる。次に、どんなアングルでもほぼ空撮可能というのもメリットの一つだ。操縦者が近くにいるので、クライアントとしては要求しやすい。また真上を撮る場合にも、実際の飛行機では近すぎてできない芸当となるため、この点でもラジコンヘリコプターにメリットがある。さらに、ラジコンヘリコプターだと空撮で撮った写真を直ぐにその場で確認する事ができる。以上の点から、ラジコンヘリコプターの優位性が理解できただろう。では、会社でも家でも空撮予定のある人は、是非参考にしてほしい。